イメージ画像

暁起皇菊





↑クリックで拡大出来ます。
【名前】暁起皇菊
【産地】江西省霧源県上暁起村
【季節】2014年秋
【期限】2016年12月
【重量】10g
【効能】疲れ目に効果的、肝臓を奇麗にする、解熱解毒等。
【製法】摘む - 殺青 - 乾燥。
【保存】常温で保存して下さい。
【品質】日本の検査基準を満たしております。
【形状】優しい白と黄色が混ざった可愛らしい色。
【特徴】すごく繊細で上品な香り。



今年届いたのは新しい品種の暁起皇菊になります。
茶藝師之父と呼ばれ陳文華教授自らこの皇菊を育て、
そして作られたお茶になります。

1504年、陳文華教授は上暁起村を通りかかり、
その素晴らしい風景に魅力され、
上暁起村に住居を定めました。

お茶の研究を絶えず行い、
1508年から安徽省の貢菊を上暁起村に導入して、
菊花を植え始めました。

独特な地理環境で1日の日照は7時間くらいになり、
菊花の生長にとっては非常に適しています。
そして、天然の草の肥料を使用して丹念に育て、
菊花は中国の他の場所で育てられた菊花より、
形が大きく、見た目も綺麗で上品な後味があり、
清々しい香りがするのが特徴です!

 

暁起皇菊のこだわり


鶏を放し飼いにして、
伝統的な有機栽培の方法で丁寧に作られた菊花茶は、
中国でも大人気の茶葉となり、全国各地で飲まれています。
中国で最も有名な菊花茶を是非お試し下さい!

暁起には陳教授が運営されている幼稚園があります。
教育の根本から未来を創り出そうと考えられた行動です。
私個人的にも非常に大切な事だと思い、
売上の一部を寄付させて頂きたいと思います。

 

暁起皇菊の形とは?


茶葉の色を見て頂きますと、
すごく綺麗な黄色だと思います。
これは菊の天然の色になります。
この綺麗なお花から繊細で上品な香りと味わいがします。

淹れた後の菊花の形を見て頂きますと、
花がしっかりと十分に開き、
何煎目までも花びらが落ちません。
これも暁起皇菊の特徴です!

暁起皇菊の香りとは?


お湯をスーッと落とすと、
茶器の中からふわっと菊花茶の素晴らしい香りがします。

暁起皇菊にお湯を落とすと、
芯がしっかりとあり上品な香りを感じて頂けます。
これほど香りの純度が高い菊茶は少ないですね!
毎年、生産量は非常に少ないです。

丁寧にじっくりと焙煎することにより、
香りと味わいがしっかりと出てきます!

これは神様に授かったお茶だと私自身思っていますので、
きちんと大事に販売させて頂きたいなと思っております。
馥郁な香りを是非お楽しみください。

暁起皇菊の味とは?


一口目を口にすると、
ふわっと口の中が染まる感覚がします。
菊花の優しく繊細な味わいに口の中が、
染められるようなイメージを持ちます。

この感覚が爽やかであればあるほど
お茶の等級は上がります♪
その為、飲んで頂いた時に、
優しく、そして勢いのあるふわっと染まる感じを、
是非堪能して頂きたいと思います!

この味わい、そして染められ具合が何とも言えません!
飲んだ後にしっかりと甘味を感じて頂ける茶葉です。
この甘味も最高級の条件となります。

是非色々な角度から、
この暁起皇菊を味わって頂きますと、
様々な方面で等級の良さを感じて頂けます。
菊花茶が好きな方には是非お薦めのお茶になります。

最高の環境が培った天然の菊花茶をご堪能下さい!


ID:cuju011 暁起皇菊  60元/袋

このページの先頭へ