イメージ画像

火焼山黄金桂




↑クリックで拡大出来ます。
【名前】火焼山黄金桂
【産地】福建省安渓県
【季節】2014年秋
【期限】2017年12月
【重量】50g
【効能】新陳代謝向上、整腸作用向上、糖尿病予防&治療等。
【製法】摘む - 揺青 - 殺青 - 揉捻 - 乾燥。(青茶
【保存】10度以下の冷蔵庫で保存して下さい。
【品質】日本の検査基準を満たしております。
【形状】大きすぎず均一な形は非常に綺麗。
【特徴】金木犀と似ている花の香りがはっきりとします。





2012年の秋に作られた上質な黄金桂。
毎年日本の方に大人気!
黄金桂の歴史を変える危険性があります。
お茶市場で黄金桂は鉄観音として販売することが多いのです。
ChineseLifeは本物の黄金桂を販売しております。
黄金桂の素晴らしい香りを皆様にシェアさせて頂きます。

今年2012秋に作られた黄金桂はとても甘いです。
口の中に甘さがふわーっと広がります。

火焼山黄金桂の形とは?




茶葉がしっかりと丸まっていて
茶葉が均一なのは等級が高い証拠です。
茎があまりなく、これも良い茶葉と言えるでしょう。
茶葉が開くのに並行して味が出てきます。
色も重要で黄金色から緑色が良い茶葉です。

火焼山黄金桂の香りとは?



茶葉からは心地よい香りが広がります!
専門家の中では、「キンモクセイ」の香りと言われていて
等級の高い黄金桂は花の香りがします。

火焼山黄金桂の味とは?




甘みが大切です!
上品の黄金桂は牛乳のような甘みをします。
この甘さがはっきりしている香りが人々を魅了させます。

何とも言えない柔らかさと繊細さと素晴らしい香りは人々の心を動かせるほどです。
広州店舗で日本の方に一番人気の
黄金桂を是非お楽しみ下さい!

ID:cqhuang026 火焼山黄金桂  50元/袋

このページの先頭へ