イメージ画像

伝統大紅袍






↑クリックで拡大出来ます。
【名前】伝統大紅袍
【産地】福建省武夷山市天心岩
【季節】2009年春
【期限】2018年12月
【重量】40g
【効能】二日酔いに効果的、動脈硬化を抵抗する
【製法】摘む - 揺青 - 殺青 - 揉捻 - 乾燥。(青茶
【保存】常温で保存して下さい。
【品質】日本の検査基準を満たしております。
【形状】きちんと手作業で摘まれ焙煎された、やや太めでねじれた形状の茶葉。
【特徴】他の茶葉と比べて比較的発酵度が強いお茶。



この茶葉は2012年に作られた大紅袍になります。
大紅袍の伝統的な製法で丁寧に作られています。

現在、大紅袍と呼ばれるお茶は、
非常にたくさんの種類があり、
色々な焙煎や発酵度で作られています。

その中で私がこの茶葉を選んだ理由は、
伝統を皆様にお伝えしたいという気持ちからです。
全て手作業で作られたお茶を選びました。

大紅袍が、これまで育んだ歴史や文化を感じて頂きたいと思います。

伝統大紅袍のこだわり


大紅袍は、
他の茶葉と比べて比較的発酵が強いお茶です。
現在の大紅袍の発酵度は、
台湾茶や鉄観音の影響を受け、
徐々に下がってきています。

この発酵度を下げた茶葉を清香と呼びます。
発酵度を低くする事により、
花の香りを楽しむ事が出来ます。
最近非常に増えてきている製法です。

伝統大紅袍の形とは?


伝統大紅袍は、きちんと手作業で摘まれ、
伝統的な焙煎をした茶葉になります。
この茶葉の形状は、均一である事が最も大切です。
一定の大きさが重要になり、
比較的大きい茶葉になります。
お茶を淹れた後に茶葉を見て頂きますと、
きちんとした発酵度が確認できると思います。

この発酵度は非常に重要で、
茶葉がどのようにして発酵をしたのか、
その後どのように焙煎されたのかを、
この葉底(淹れた後の茶葉)で確認することができます。

この茶葉を、「伝統的な技法で作られた茶葉」という
位置付けで見て頂ければ、
今後、他の物と比較した時に
茶葉の見分け方がわかるようになると思います。

伝統大紅袍の香りとは?


茶葉の袋を開けて頂くと、香ばしい、
とてもリラックスできる香りがすると思います。
この茶葉である
大紅袍のきちんとした焙煎を証明しております。

この焙煎は足りなくてもいけませんし、
強過ぎてもいけないと言われています。

そのちょうど良い感じで止めることは非常に難しく、
茶師の実力が問われる所です。

伝統大紅袍の味とは?


口に含んで頂きますと、
豊満な味わいに幸せを感じて頂けると思います。

飲んだ後は、しっかりとした甘味があるのも特徴です。
茶葉の良さをたっぷりと楽しんで頂ける味わいです。

皇帝に献上されていた優しく上品な味わいは、
文人や詩人が愛飲していた武夷岩茶の魅力を含み、
まったりとした濃厚な焙煎に心まで染められます。

どうぞ優雅な時間をお楽しみ下さい!


ID:cqda011 伝統大紅袍  110元/箱

このページの先頭へ