イメージ画像

濃香恩施玉露




↑クリックで拡大出来ます。
【名前】濃香恩施玉露
【産地】湖北省恩施市五峰山
【季節】2015年3月15日
【期限】2018年12月
【重量】30g
【効能】解熱作用、虫歯予防&治療、コレステロール低下等。
【製法】摘む - 殺青 - 揉捻 - 乾燥。(緑茶
【保存】10度以下の冷蔵庫で保存して下さい。
【品質】日本の検査基準を満たしております。
【形状】しっかりと真っ直ぐとなっていて両側が尖っている茶葉。
【特徴】茶葉の味わいと香りを感じて頂けるスタンダード



恩施玉露は湖北省西南部に位置する恩施で生産された茶葉です。
原産地の恩施市は世界で最もセレン(se)の量が豊富であります。

セレンは活性酵素により老化や動脈硬化、心筋梗塞を防ぎ、
体内の抗ガン酵素を増やしてガン細胞の発生と生長を抑えます。
「抗癌之王」とされました。

恩施市で栽培される恩施玉露はセレンを含んでいて、
体内にセレンを補給出来る健康に良い茶葉となります。
一日500~1000ml飲むことで体に有機セレンを摂取出来ます。

濃香恩施玉露のこだわり


中国緑茶には4つの技法があり、
炒青、hong青、蒸青、晒青となっております。
「蒸青」とは蒸気により殺青する方法であり、
茶葉の綺麗な緑を保つ事の出来る技法です。

現在では「蒸青緑茶」はあまり作られていなく、
恩施玉露は現代の「蒸青緑茶」を守る中国緑茶の代表格です!

茶葉を蒸して茶葉を作る技法が日本に伝わり、
日本茶をが作られました。
日本茶のほとんどは「蒸青緑茶」が多く、
茶葉の伝統的な技法を保っています。

濃香恩施玉露の形とは?


形を見て頂くとしっかりと真っ直ぐとなっていて、
そして、両側が尖っている形をしています。
これが恩施玉露の伝統的な形です。

このような形でなく、丸まっていたり、
曲っているような茶葉は原産地の物と違いますので、
是非気を付けて下さい。

飲み終わった茶葉を見て頂くと、
一葉一芽もしくは一葉二芽という
お茶の摘み方で摘まれた茶葉になります。

これも摘むと言う作業が、
すごくきちんと選別されている事がわかります。
しっかりとした茶葉だな!と言うのが私の感想です。

濃香恩施玉露の香りとは?


新茶を届いた時は例年と同じ等級の
美味しい恩施玉露が作られている事を願っていました。

「フワー」っと素晴らしい香りを感じました。
これが恩施玉露の香り!と一年前の感覚を思い出しました♪
透き通った香りが箱から溢れ出すのを感じました。

新鮮な香りは春を感じる事が出来、
花の香りと栗の香りのハーモニーを感じます♪
お茶を淹れて乾茶を見ると、細かくて長い茶葉になります。
針の形と似ていてピッと真っ直ぐな茶葉を選びます。
大きさも均一な新芽を摘みます。

茶葉の色は濃い緑色になり、表面は産毛で覆われています。
両手で擦るようにしてしっかりと形を作りますので、
茶葉はしっかりと細く真っ直ぐな形になるのが特徴です!

濃香恩施玉露の味とは?


お茶を飲んで頂くと素晴らしい香りと
まろやかな味わいを人々に与えると思います。
さすが有名な恩施玉露と言うべき実力です♪

飲む時に花の香りが広がって来ました。
素晴らしい香りとまろやかな茶湯の
融合は口から喉にスルッと滑る感覚です。
そして、甘味がフワーっと広がると思います。

爽やかな自然の味わいを感じて下さい♪♪
素晴らしい味わいと香りをお楽しみ下さい!


ID:clen019 高級ティーバッグ・祁門紅茶  45元/袋

このページの先頭へ